ピュアネット京都有限会社はグローバル時代の営業と国際会話を支援するサービス会社です。

TEL.080-5349-2433

〒607-8075 京都府京都市山科区音羽野田町7-5

ブログ
ピュアネット京都有限会社に関する情報をお伝えするブログとなっております。

ブログ一覧

菅原院天満宮を行く。

TS3O0547TS3O0546TS3O0545

本日は、京都京都市営地下鉄烏丸線、丸太町駅より徒歩3分ほどの距離にあります菅原院天満宮に行ってまいりました。

菅原院天満宮とは、平安時代遣唐使を廃止で有名な菅原道真公にまつわる神社です。

神社はそう大きくないのですが、小さな中にもいろいろと祀られています。

 

TS3O0548

学業、就職の成就など様々なご利益がある神社です。

会社・代表ともに日々成長を願って参りました。

音羽川土手を行く

TS3O0534 TS3O0533

音羽川の土手を今回は紹介いたします。

音羽川は東野東山より流れる川で、音羽川小学校の名前の由来とも聞いています。

ゴールデンウィークの二日目の今日は、新緑を思わせる木々や、花々が咲いております。

 

 

TS3O0531

ボランティア活動によって音羽川は清掃されており、鳥が川の中に首を突っ込んでいる様子もみかけます。

これから暑くなり、30度を超えるようになれば熱中症も気を付けねばなりません。

皆様もどうかお気をつけてください。

 

京都 東寺を行く

PAP_0163

 

今回は、少し遠出をいたしまして京都駅より西の方に位置します東寺へと言ってまいりました。

PAP_0151PAP_0159

東寺といえば五重の塔ですが、残念ながら時間の都合により今回は五重塔の近くには参っておりません。遠くからとなりますが、写真を一枚撮りましたので、見ていただければ幸いです。

東寺は、曼荼羅図で有名な密教のお寺です。現在は、春の特別拝観を行っておりますので、是非見に行ける機会がある方は見に行ってもいいのではないでしょうか。

PAP_0161PAP_0158PAP_0156

東寺の正門をくぐって中に入ると、金堂が見えます。金堂とは、仏教寺院(伽藍(がらん))を形成する中心的建造物で,その寺院の本尊を安置してある仏殿を指します。この金堂と講堂は、宝物館や五重塔初層と違い通年で開放【有料】されていますので、ここを見るお客様も多いようです。

全体的に茶色い建物が金堂で、朱の色付けがなされているのが講堂です。

PAP_0152

納経所がある食堂(じきどう)です。ここで、お線香(20円)をあげさせていただきました。おみくじ(100円)を引かせていただきました。

PAP_0146

更に北へと上がっていくと、洛南高校の近くに観智院があります。現在(5月6日まで)は写経も行っています。5円の浄財とおみくじ(100円)を引きました。

PAP_0145

そして最後に東寺の門(八条大宮の近く)を撮り、今回の東寺訪問は終わりました。

我が社の将来を占うというつもりはありませんでしたが、両方とも吉とでてすこしホッとするとともに、今に甘えず精進する心を忘れないようにしようと思う今回なのでした。

本派本願寺山科別院にて

TS3O0519

今回は、本願寺山科別院(本派本願寺山科別院)です。

上の写真は、その正門前の写真です。本社マンションより徒歩5分の距離にあり、山科郵便局への通り道の途中にあり、よく立ち寄ります。

TS3O0516

筆者は、本願寺に関係のある学生時代を過ごしていました。会社のある山科には、本願寺と関わりのあるお寺が多くあり、休日を利用して色々と出かけています。

 

逢坂の関を見て。

TS3O0502

4月29日の雨模様の逢坂峠。我が家の東側ベランダから西北西の稜線を望みました。

逢坂峠といえば、前に紹介しました平安時代の逢坂の関でも有名ですね。

今回は、短歌を紹介したいと思います。

「これやこの 行くも帰るも 別れつつ 知るも知らぬも 逢坂の関」(後撰・15・雑1・1089・蝉丸)

京から東国へ、東国から京へ、行く人帰る人は、この逢坂の関で出会うという意味です。

現代においてもこの逢坂の関を名神高速道路が、その北のトンネルに東海道本線(琵琶湖)線、湖西線が、南に東海道新幹線が通っている事を考えますと、すれ違う出逢いは多いものだなと感じます。